時代とともに、お客さまとともに

-モノづくりの原点を見つめ続けて-

創業者立川孟美が、出身地・新潟から上京して就職したのは染物屋でした。就いた仕事は、松やにや、でんぷんを混ぜて作った糊を綿布などに塗り、本の表紙や布製ブラインドに使う布製品を仕上げるものでした。ここで培われた技術と信頼をもとに、2年後の1938(昭和13)年、「立川工業所」を設立。今日の立川ブラインド工業創業の瞬間です。

間もなく日本は戦渦に巻き込まれ、終戦後、東京は廃墟と化しました。しかし、進駐軍からブラインドの注文が殺到。ブラインドは欧米の人々にとって生活の一部だったのです。手工業では製造が間に合わないほどの需要で、工業製品としての事業化の契機となりました。

1950(昭和25)年頃から高度経済成長が始まり、官民のビル建築ラッシュや、生活様式の洋風化により、ブラインドに対するニーズは、さらに高まっていきました。中でも、創業者が一般住宅への普及を視野に入れ、情熱を注ぎ、1971(昭和46)年に発売した『シルキー』は、インテリア性を重視した日本初の25mm幅アルミ圧延スラット(羽根)採用により、大ヒット商品となりました。わずか数色ながら、当時は画期的なカラーラインナップで注目を集め、現在もその商品ブランドは、当社の主力の一つです。

時代とともに、人々の暮らしとともに、地道で誠実に取り組んできたモノづくり。快適さを追求し続け、社是である「仕事には細心であれ、視野は広大であれ、理想は高遠であれ」の創業者の精神は、創業から80年経つ今も受け継がれています。