会社案内

沿革

昭和13年5月 立川孟美が東京都台東区柳橋に有限会社立川工業所を創業。布製及び木製 ブラインドの製造・販売を開始。
昭和22年10月 株式会社に改組し、社名を立川ブラインド工業株式会社と改称。木製及びジュラルミン製ブラインドを製造し、駐留軍施設や復興途上の都市建物に納入。
昭和32年3月 全国主要都市への進出をはかるため、大阪営業所を開設。以降、昭和33年12月より昭和41年10月まで福岡をはじめ10都市に営業所を開設。
昭和39年9月 一般住宅用間仕切「アコーデオンカーテン」を発売。
昭和42年11月 当社製品の部品及びカーテンレールの製造を目的に、現在の立川機工株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和43年5月 滋賀県愛知郡に新工場(現滋賀工場)を建設。全製品の一貫集中生産を開始。
昭和44年4月 昭和51年にかけて、全国主要各都市に営業所を開設。
昭和46年6月 インテリアブラインド「シルキー」発売。
昭和49年4月 銀座ショールーム開設。
昭和49年5月 全国の生産拠点を西日本工場と二分化するため、新潟県阿賀野市に東日本工場(現新潟工場)を建設。
昭和50年1月 受注から生産、出荷までコンピュータで全国をオンラインで結ぶ。
昭和51年3月 富士変速機株式会社(現・連結子会社)と業務及び資本提携。
昭和51年6月 本社を東京都渋谷区に移転。
昭和54年11月 北海道地区の生産拠点として、札幌市に札幌製作所を開設。
昭和55年10月 九州地区の生産拠点として、福岡県嘉穂郡に福岡製作所を開設。
昭和57年6月 東京店頭市場に株式を公開。
昭和57年9月 インテリアブラインド「シルキーカーテン」を発売。
昭和58年1月 東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・広島・福岡に支店を開設。以降、平成元年2月までに横浜・京都・静岡・新潟・関東に支店を設置。
昭和59年12月 室内外装品の設計、施工及び販売を目的に、立川装備株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和60年9月 「ロールスクリーン」を発売。
昭和62年10月 東京証券取引所市場第2部に上場。
平成元年6月 中国・四国地区の生産拠点として、広島県呉市に広島製作所を開設。
平成2年3月 金沢、高松に支店を設置。
平成3年11月 本社を東京都港区海岸に移転。
平成4年4月 千葉、神戸に支店を設置。
平成4年10月 株式売買単位の引下げを行い、東京証券取引所より、株主を大切にする会社として第1回の表彰会社に選ばれ受賞。
平成5年6月 連結子会社である富士変速機株式会社が名古屋証券取引所第2部に株式を上場。
平成9年3月 カーテンレールV21の発売に引続き、平成14年までにカーテンレールの品目を拡充。
平成10年4月 「クレアス ローマンシェード」を発売。
平成10年5月 木製ブラインド「フォレティア」を発売。
平成11年6月 プリーツスクリーン「ペルレ」を発売。
平成12年4月 インテリアブラインド「シルキーアクア」「シルキーカーテンアクア」を発売。
平成12年12月 ISO9001(2000年版)を全国範囲で認証取得。
平成14年7月 各種ブラインド、間仕切等の製造、販売を目的に、中国上海市に立川窗飾工業(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。
平成14年9月 ISO14001を新潟工場にて認証し、平成15年11月に滋賀工場へ認証範囲を拡大。
平成15年2月 パネル間仕切「プレイス」を発売。
平成15年5月 「クレアス パネルカーテン」を発売。
平成15年9月 センシェントブラインド「アフタービート」を発売。
平成17年5月 本社を東京都港区三田(現住所)に移転。
平成18年5月 「ロールスクリーン」を全面リニューアル。
平成19年5月 プリーツスクリーン「ペルレ サート」を発売。
平成19年10月 住宅向け電動製品シリーズ「ホームタコス」を発売。
平成20年5月 創業70周年を迎える。
平成21年3月 「マカロン」シリーズを発売。
平成22年10月 カーテンレール ラインナップを大幅に拡充。
平成22年10月 「ロールスクリーン デュオレ」を発売。
平成23年3月 パネル間仕切「プレイス」スライドパネル仕様を発売。
平成23年7月 ロールスクリーン「ラルク」、「ラインドレープ」フルモデルチェンジ発売。
平成23年11月 中国上海市に上海ショールームを開設。
平成24年9月 高機能ブラインド「パーフェクトシルキー」発売。
平成25年3月 新宿ショールームを開設。
平成27年7月 東京証券取引所市場第1部に指定。
このページの上に戻る