IR情報

FAQ

こちらのQ&Aにない疑問・ご質問等はお問い合わせフォームからお問い合わせください。

Q1
会社が設立されたのはいつですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A1
昭和13年5月に創業者である立川孟美が「有限会社立川工業所」を設立、昭和22年10月に株式会社に改組するとともに社名を「立川ブラインド工業株式会社」としました。
Q2
資本金はいくらですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A2
44億7,500万円(平成19年12月31日 現在)です。
Q3
事業内容を教えて下さい。
回答を表示▼回答を隠す▲
A3
インテリア事業として、各種ブラインド、間仕切、カーテンレール等の製造・販売ならびに設計施工を行っています。
又、関係会社である富士変速機株式会社において、各種駐車場装置および減速機類の製造・販売を行っています。
Q4
関係会社にはどのような会社がありますか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A4
現在、主な連結子会社は8社であり、富士変速機株式会社は名古屋証券取引所(2部)に上場しています。(証券コード6295)その他の関係会社についてはこちらをご覧下さい。
http://www.blind.co.jp/corporate/affiliate.html >
Q5
経営戦略と経営におけるリスクを教えて下さい。
回答を表示▼回答を隠す▲
A5
経営戦略としては、ブラインドなど主力製品の強化と継続的な新製品開発に傾注するとともに、コスト低減活動や、高齢化・環境配慮・リフォーム需要など多様化するニーズに対応することを挙げております。 事業のリスクとしては、インテリア市場を支える建設業界の景気動向や住宅着工数の変動に加え、主要原材料である鋼材やアルミ価格の動向などが経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
Q6
会社の強みを教えて下さい。
回答を表示▼回答を隠す▲
A6
ブラインド業界における高い知名度と、意匠性・機能性・信頼性に優れた商品開発力、ならびに多品種・短納期生産を賄う全国販売網と生産・施工体制が弊社の強みと自負しております。
特にホームユース市場に目を向けた新商品開発力の高さが最も大きな特色です。
Q7
配当に対する考え方を教えて下さい。
回答を表示▼回答を隠す▲
A7
安定配当を維持していくとともに内部留保を充実させ、企業体質の強化と将来の事業展開に備えております。
Q8
中間配当制度はありますか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A8
あります。
中間配当の基準日は6月30日です。
Q9
株主優待はありますか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A9
(1)当社の株式を300株以上ご所有いただきますと、12月末を基準日として、年1回、所有株式数・保有期間に応じ、クオカードを贈呈しております。
(2)また、2014年6月末基準日より株主優待制度を拡充し、100株以上ご所有の株主様を対象に、所有株式数に応じ、6月末と12月末を基準日として、当社製品ご購入後に1台当たり2,000円分のクオカードを贈呈しております。
Q10
ショールームはどこにありますか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A10
東京都内に銀座と新宿にショールームがあり、製品サンプルや様々なコーディネート例をご紹介しています。
他に、仙台・名古屋・金沢・大阪・高松に支店と併設したショールームがあります。
各ショールームの詳細は、こちらをご覧下さい。
http://www.blind.co.jp/showroom/ >
Q11
上場したのはいつですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A11
昭和62年10月に東京証券取引所市場第2部に上場、
平成27年7月に東京証券取引所市場第1部に指定されました。
Q12
売買単位は何株ですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A12
100株です。
平成3年5月に1,000株から100株に単位引下げを行いました。
Q13
証券コードはいくつですか。又、新聞の株価欄ではどこに分類されていますか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A13
証券コードは7989です。
日本経済新聞では、東京第1部の非鉄・金属製品の欄に分類されています。
Q14
決算発表はいつですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A14
決算発表は、第1四半期(5月上旬)、中間期(8月中旬)、第3四半期(11月上旬)、通期(2月中旬)の年4回です。
Q15
株主総会はいつ開催されるのですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A15
毎年3月下旬です。
Q16
単元未満株式を整理したいときにはどうしたらよいですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A16
ご所有の株式のうち、単元未満株式(100株未満)につきましては、市場では売買できません。弊社では、買取・買増制度を設けております。詳しくは、以下のご連絡先までお問い合わせ下さい。
買取制度:弊社に単元未満株式の買取を請求できる制度
買増制度:単元未満株式と併せて1単元の株式(100株)になるように、弊社へ株式の売り渡しを請求できる制度

《特別口座の株主の方》
日本証券代行(株)代理人部
〒168-8620 東京都杉並区和泉2-8-4
freedial.gif 0120-707-843(オペレーター受付/平日9時〜17時)
http://www.jsa-hp.co.jp/name/index.html >

《一般口座の株主の方》
お取引のある証券会社
Q17
株主名簿管理人及び特別口座管理機関はどこですか。又、住所変更、配当金の振込指定、未受領の配当金の受取りについて教えて下さい。
回答を表示▼回答を隠す▲
A17
株主名簿管理人は、三菱UFJ信託銀行(株)です。また、特別口座管理機関は、日本証券代行(株)です。
株主の皆様の登録情報(ご住所、配当金振込先など)の変更、その他諸手続きについて、一般口座の株主の方はお取引のある証券会社、特別口座の株主の方は日本証券代行(株)にてお取扱いします。
又、未受領の配当金の受取りについては、弊社株主名簿管理人 三菱UFJ信託銀行(株)までお問い合わせ下さい。

《株主名簿管理人》
三菱UFJ信託銀行(株) 証券代行部
〒137-8081 東京都江東区東砂七丁目10番11号
freedial.gif 0120-232-711(フリーダイヤル)
http://www.tr.mufg.jp/daikou/ >

《特別口座管理機関》
日本証券代行(株) 代理人部
〒168-8620 東京都杉並区和泉2-8-4
freedial.gif 0120-707-843(フリーダイヤル)
http://www.jsa-hp.co.jp/name/index.html >


Q18
特別口座について教えて下さい。
回答を表示▼回答を隠す▲
A18
特別口座とは、株券電子化施行までに“ほふり”に株券を預託されなかった株式や単元未満株式を保全するための口座をいいます。
特別口座にて管理される「単元株式」の売却については、株主ご本人様が証券会社に開設する口座への振替手続きが必要となります。
又、「単元未満株式」の買取・買増請求は、弊社特別口座管理機関である日本証券代行(株)までお問い合わせ下さい。

日本証券代行(株)代理人部
〒168-8620 東京都杉並区和泉2-8-4
freedial.gif 0120-707-843(オペレーター受付/平日9時〜17時)
http://www.jsa-hp.co.jp/name/index.html >
Q19
証券会社に預けていない他人名義の株券(名義書換え失念株)を持っているのですが、どうしたらよいですか。
回答を表示▼回答を隠す▲
A19
株式譲渡やご相続による株券受領の際に株式名義変更を失念されている場合、その株式は元のご所有者の名義にて登録されております。
従いまして、株券保有者の権利は無効となり、登録上の株主の名義で特別口座が開設されています。 その救済措置としては、弊社株主名簿管理人 三菱UFJ信託銀行(株)までお問い合わせ下さい。

(1)平成21年1月5日の株券電子化後、1年以内の特例
 ・株券と株券取得証明の提出による株券所有者の単独請求
(2)株券電子化前のご相続による場合
 ・相続関係書類の提出による株券所有者の単独請求
(3)上記以外の場合
 ・名義株主と失念株主の共同請求
 ・裁判所の判決等による単独請求

《株主名簿管理人》
三菱UFJ信託銀行(株) 証券代行部
〒137-8081 東京都江東区東砂七丁目10番11号
freedial.gif 0120-232-711(フリーダイヤル)
http://www.tr.mufg.jp/daikou/ >


このページの上に戻る