すき間からの直射光を防ぐオプション
「遮光フィン」「遮光サイドプレート」

  • 通常の場合
  • 遮光フィンと遮光サイドプレートがある場合

窓枠内に製品を取付けたときに、すき間からの直射光を防ぐ2つのオプションが登場。
寝室はもちろん、日射しの気になる窓におすすめです。
「遮光フィン」と「遮光サイドプレート」を組み合わせて使うことで、さらに遮光性が高まります。

遮光フィン

フレームと巻取りパイプのすき間からの直射光を防ぎ、まぶしさを抑え、遮光性を高めます。
製品と一体となっており、特別な取付けは不要。
また、室内側からは目立ちにくいデザインです。

対応タイプ:標準タイプ

※取付け方法は、窓枠内付け(天井付け)のみ。

  • 遮光フィン(室外側)
  • 遮光フィン(室内側)

遮光サイドプレート

窓枠内側に設置することで、生地の両サイドからの直射光を防ぎ、まぶしさを抑え、遮光性を高めます。生地を巻き上げているときは、遮光サイドプレートを折りたたむことが可能。
見た目がすっきりし、出入りや掃除のじゃまになりません。

対応タイプ:標準タイプ

※取付け方法は、窓枠内付け(天井付け)のみ。

  • 生地を降ろしたとき
  • 生地を巻き上げ、遮光サイドプレートを折りたたんだとき

窓辺を楽しくアレンジできる
「イージーファブリックバランス」

取付けが簡単な、お手頃価格のバランスです。
バランスを付けることで、巻取り部に見える生地の裏面や機構部を隠し、すっきり見せます。
デコレートラインでアレンジすると、窓辺のコーディネートをもっと楽しめます。
また、フレームと巻取り部のすき間からの直射光も防ぎます。
遮光フィンと遮光サイドプレートを組み合わせて取付けると、遮光性がさらに高まります。

対応タイプ:標準タイプ

※取付け方法は、窓枠内付け(天井付け)のみ。

  • プレーン
  • デコレートライン(チロルテープ)
  • デコレートライン(リネンフリンジ)
  • デコレートライン(リネンフリンジ)

遮光性・断熱性に優れたガイドレールタイプに、
小型窓におすすめのタイプを新発売

光を遮りたいホテルの客室やオフィスの会議室、病院の検査室、研究施設の他、住宅の寝室などにおすすめの遮光ガイドレールタイプ。
ガイドレールから生地が外れない仕様で、多くの人が利用する場所でも安心して使えます。

小型遮光ガイドレールタイプNew

小型窓に最適なガイドレールの幅が細く、生地巻取り部のカバーもコンパクトなタイプ。奥行は72mmあれば取付け可能です。
見た目がすっきり、開口も広く取れます。
ハンドルを持ってスクリーンを直接上げ下げするため、誰もがわかりやすく、直感的に操作できます。

遮光ガイドレールタイプリニューアル

腰窓からテラス窓まで対応できるタイプ。
大きな窓も手元で操作ができるチェーン式です。

※「遮光ガイドレールタイプ」は「標準タイプ 遮光ガイドレール仕様」からリニューアルしました。

〈リニューアルポイント〉

  • ガイドレールから生地が外れない仕様になりました。
  • 部品色にマットホワイトを追加。
  • 1mm単位での発注が可能になります。

開閉ハンドルなどを避けて取付けができる「逆巻仕様」、
外からの見映えを重視する店舗などにおすすめの「生地表裏逆仕様」対応

逆巻仕様

窓の開閉ハンドルなどを避けて、製品を取付けることができます。
また、巻取り部の生地裏面が見えず、すっきりとした印象になります。

  • 通常の場合
  • 逆巻仕様の場合

生地表裏逆仕様

生地の表裏を逆にして、店舗などの窓で屋外に対して生地の表を見せることができます。

取付けブラケットの厚みが薄くなり、光漏れを低減

取付けブラケットの厚みが6mmから4mmに変わり、薄くなりました。
ロールスクリーンのフレームと窓枠のすき間が減り、光漏れを低減する他、見た目もすっきりとした印象に。

※小型タイプ・小窓タイプ・スクロールカバータイプ・竹スダレ 標準タイプ・ホームタコス 傾斜窓タイプを除く。

「ファン・エブリデイ」シリーズの対応タイプ拡大

「ファン・エブリデイ」シリーズの対応タイプがさらに充実!
小さい窓から大きい窓はもちろん、傾斜・高窓などさまざまな窓に対応できます。

※RS-6801~6850「エブリ(標準)」は大型手動タイプにも対応します。

※生地サンプルおよび他の対応タイプについては「ファン・エブリデイ」サンプル帳をご覧ください。価格は、最寄りの弊社支店・営業所までお問い合わせください。

HOME