遮蔽性・意匠性・操作性がさらに向上。STS(静止チルト機構)を搭載!

STS※(静止チルト機構)を「アフタービートエグゼ」「アフタービート」ループ式操作の各製品に搭載しています。※Still Tilting System
  • <製品を最下部まで降ろした時>

    最下部の状態から、スラットの
    角度を調整すると・・・

  • STS(静止チルト機構)

    製品の高さはそのまま。
    すき間が開かない。

従来の製品

窓枠との間にすき間が生じ、
光漏れや外からの視線が気になる。

特長1
スラットの角度調整を行う時、製品が上下移動しないため
窓枠内に取付ける場合も、製品下部からの光漏れを最小限にし遮蔽性が向上
特長2
どの位置でスラットの角度調整をしても、製品の高さはそのまま。
連窓で取付ける場合も高さが揃い、意匠性も向上
特長3
製品の昇降操作とスラットの角度調整の区別が、
従来よりも明確に、分かりやすくなって操作性も向上
[対応製品]アフタービートエグゼ各製品・アフタービート ループ式操作の各製品 ※アフタービートエグゼタッチ各製品、アフタービートタッチ各製品においては、従来からスラット角度調整を行う時に製品は上下移動しません。
[価格]加算価格なし(従来通り)
STS( 静止チルト機構) は、フォレティアエグゼ各製品・フォレティアシェイディ各製品・フォレティア ループ式操作の各製品にもすでに搭載されており、スラット角度調整を行う時に製品は上下移動しません。※フォレティアエグゼタッチ各製品・フォレティアシェイディタッチ各製品・フォレティアタッチ各製品においては、従来からスラット角度調整を行う時に製品は上下移動しません。
HOME