空間の価値を高める、次世代型電動ブラインドローリーESSクワトロタコスⅡ(上下分割制御) 新登場。

「省エネ」・「快適性」・「効率」の向上に、新たな手法で貢献が可能となった次世代型の電動ブラインド「ローリーESSクワトロタコスⅡ」。
ブラインドの基本動作に加え、スラットを上部と下部で異なる角度に設定可能。
“4つ”のモードを使い分ける事で、「光」・「熱」・「視線」をコントロールし、省エネ性と快適性向上を実現。
執務者の概日リズム(サーカディアンリズム)を整えることで、生産性の向上や健康増進を目指す空間にも、おすすめの電動ブラインドです。


ローリーESSクワトロ35タコスⅡ T-2573(マットアイスグレー)モード2

for オフィス

方位、季節、時間帯に応じて、“4つ”のモードで積極的に窓辺を制御。「省エネ」・「快適性」を向上させるとともに、サーカディアンリズムに配慮した生産性の高いオフィスづくりに貢献します。

パソコンシステムによるカレンダー制御に加え、晴天・曇天を高精度に判断できるオープンスカイアナライザー「ソラミ」を はじめとした陽光センサーを併用することで、より高度な制御が可能となります。

ローリーESSクワトロ25タコスⅡ T-2349(ソフトグレー)モード3

for 教育施設

手元・目線高さの直射光を遮ることで眩しさを抑えつつ、天井面に自然光を間接的に取り入れることで、昼光利用による「省エネ」と快適な学習環境づくりに貢献します。プロジェクター等の視認性を高めたい場合には、モード1の全体遮蔽により暗転にすることも可能です。

ローリーESSクワトロ25タコスⅡ T-6124(ペールクリーム) モード3

for 医療・介護施設

朝は自然光を採り入れ、心地よい目覚めを促すことで、概日リズムを整えるはたらきをサポート。眩しさを感じることなく昼光を利用したり、西日を遮って「省エネ」に貢献します。日没後は全体を遮蔽することで、外部への光漏れを抑えて近隣への配慮とプライバシーを確保できます。

ローリーESSクワトロ25タコスⅡ T-2350(ピュアホワイト) モード4

for 商業スペース

大開口のショールームなどでは、視認性の高さと、日射しのコントロールが不可欠です。ローリーESSクワトロタコスⅡなら、快適で開放感のあるコマーシャル効果の高いショールームを実現できます。

画像は全てイメージとなります。物件の諸条件により採光状況等が変わります。

「省エネ」・「快適性」・「効率」の向上に貢献する4のモード

モード1<通常モード>

全体可変(全体による採光・遮蔽)※従来のブラインドの動き
全体による採光。全体による遮蔽

全体で採光と遮蔽を制御するスタンダードなモード。
太陽の直射がない方位、時間帯の他、
曇りや雨の日に自然光を最大限に採り入れたり、
眺望を確保したいときにおすすめのモードです。
全面で遮蔽をすれば、
夜間の近隣への配慮やプライバシーの確保にも貢献。
プロジェクターの視認性を高めたいときにも有効です。

モード2<昼光利用冬モード>

上部可変採光。下部固定遮蔽
上部可変採光。下部固定遮蔽

太陽高度が低い時(朝日、西日、冬季南面など)、
目線高さの眩しさを抑えながら上部で採光することができ、
昼光利用による省エネを期待できるモードです。

モード3<昼光利用夏モード>

上部水平固定採光。下部可変直射光遮蔽
上部水平固定採光。下部可変直射光遮蔽

太陽高度が高い時、直射光をカットしながら
自然光を調整して室内に採り入れることができます。
適度な眺望で外の様子を感じられれば、
概日リズムが整い、効率や快適性の向上が期待できるモードです。

モード4<視界優先モード>

上部固定。下部可変採光
上部固定。下部可変採光 諸条件により日差しを感じることがあります。

外からの視認性・コマーシャル効果を保持しながら、
屋内からの開放感・眺望を確保できるモード。
ショールーム等におすすめです。

HOME