タチカワブラインド

働きやすい労働環境と社員の多様性



社員の多様性と柔軟な働き方の推進

女性活躍推進法に基づく行動計画の推進

女性が長期にわたって就業、活躍できる雇用環境の整備を行うため、「タチカワブラインド行動計画」を策定し、実行しています。女性管理職比率の向上等を目標に、女性が働きやすい職場作りを推進しています。

地域限定社員の拡充

働き方の多様化が広がり、地元志向も高まる中で、当社では勤務地域を限定した中途採用、新卒採用を広く推進しています。全国転勤が可能なオールエリアの社員と地域に根差した社員、それぞれが活躍できる環境を整えています。

育児・介護の両立支援

育児や介護を要する社員が働きやすく、仕事と両立を図れるよう、当社では、制度の充実を図っています。
育児休業期間については、子供が最長3歳になるまで延長可能とし、職場復帰意欲の高い社員が職場へ戻りやすくする環境を整え、介護休暇については、取得日数を年間12日とし、柔軟に取得しやすくしています。

人材育成

研修の充実

新入社員に対しては、入社後1ヶ月程度の新入社員研修を経て、各職場にてOJT研修を行い、知識やスキルの習得に努めています。
また、入社半年後には、フォローアップ研修を実施し、新入社員一人ひとりが各職場で学んだことの情報共有と不安事項の解消などに努めています。
さらに、昇格のステップアップを踏む段階で集合研修を行い、コンプライアンスの遵守やハラスメント防止等の内容も含め、各種知識の習得を図っています。

昇格制度

優秀な社員や中途採用社員の早期育成を目的に、柔軟な昇格制度を構築しています。意欲的かつ能力の高い社員に対し、昇格試験を早期に受験できる仕組みを整え、社内の活性化を図っています。

社員の健康管理の増進

社員のメンタルヘルス対策

全社員を対象に、ストレスチェックを実施しています。必要に応じ、定期的に産業医との面談を実施するなど、社員のメンタルヘルスケアに取り組んでいます。また、外部の専門スタッフへ健康相談・メンタルヘルス相談が24時間365日可能な、従業員支援制度(EAP)を導入し、社員とその家族が利用できる体制を整えています。

有給休暇取得率向上

【有給休暇取得率(全社) 2020年実績 52.0%】
毎年、「有給休暇取得促進日」の設定を行い、有給休暇取得率の向上に努めています。
また、入社10年目以降の社員には、5年ごとに「10日間のリフレッシュ休暇」を付与し、社員が適正なワークライフバランスを整えられるよう努めています。

SDGsへの取り組み

上に戻る