タチカワブラインド

持続可能性かつ透明性の高い企業活動



コーポレートガバナンス


コーポレートガバナンス体制

取締役会は、代表取締役が議長となり、原則月1回、その他必要に応じて開催しており、会社の業務執行上の重要事項の意思決定と業務執行上の監督を行っています。さらに、社長を補佐する目的で、常務会、経営会議を開催しており、審議を行っています。
監査役会は、常勤監査役が議長となり、原則月1回開催し、客観的かつ独立した立場で取締役の職務執行を監査しています。監査役は、取締役会等に出席し意見を述べるほか、業務執行状況、財務状況の調査および監査を実施し、社内監査部門や会計監査人と連携を図り、コーポレートガバナンスの充実に努めています。

内部統制、内部監査

当社は、毎期、内部統制計画を策定し、法令や規程、権限・職責等に基づき、適正な手続きにより正確に業務が遂行されているか、各部門・関係会社への内部統制監査を実施しています。

適切な情報開示とステークホルダーとの対話

透明性の高い企業活動の一環として、機関投資家とのIRミーティングや投資家向け決算説明会実施により、情報開示およびステークホルダーの皆様との対話の機会を設けています。

コンプライアンス

コンプライアンス

当社は、企業としてコンプライアンスを遵守し、企業倫理に沿った行動を実践しています。
社内研修等を活用して社員教育・啓蒙を行うとともに、「タチカワブラインド倫理行動指針」や「法令遵守マニュアル」を社内イントラネットへ掲載し、周知徹底を図っています。また、顧問弁護士との連携強化や反社チェックの定期的実施等、コンプライアンスの強化に努めています。

リスクマネジメント

事業継続計画書(BCP)の策定

大規模な災害が発生した場合でも、社員やその家族の安全確保、また当社の中核となる業務の早期復旧等を速やかに実行する為、事業継続計画書を策定しています。
また、社員や家族の安否を速やかに把握するため、安否情報システムを構築しており、さらに習慣づけを目的に定期的な入力テストを実施し、有事に備えています。

情報セキュリティ

社内における情報セキュリティの理解・遵守を目的に、セキュリティーポリシーを作成し、さらに、セキュリティに対して、社員が行う具体的な行動をセキュリティースタンダードとして定めています。個人情報の観点では、個人情報保護方針を策定し、個人情報の取扱いの制限を設け、保護に努めています。

新型コロナウイルスへの対応

新型コロナウイルスの感染に対する予防措置と対策を早期に検討する為、2020年2月に疾病対策委員会を設置し、社員の行動規範の策定と周知徹底、在宅勤務、時差通勤、時短勤務、ショールームの完全予約制等の対策を講じました。

SDGsへの取り組み

上に戻る